【要注意!?】World Nomads(ワールドノマド)の海外旅行保険の4つの注意点の解説

海外からでも加入できるワールドノマドの海外旅行保険ですが、実際に購入するにあたり注意点がありますので解説をしたいと思います。

ワールドノマドの海外旅行保険の4つ注意点とは?

注意点①:$100の自己負担金(免責金額)が必要となる!

Deductibleとは、保険業界では「免責金額」という意味になり、患者が自己負担しなければいけない金額のことを指します。

ワールドノマドの海外旅行保険の場合、$100の医療費・診療費に関しては自己負担になります。

もし、医療費・診療費が$100以上の金額になった場合は、$100を超える分に関してはWorld Nomadsから支払われます。

なので、医療費・診療費が$100を超えない場合はワールドノマドに医療費を請求せず、自分で払った方が得になるケースがあります。

注意点②:すでに病気の症状が出ていたりする場合は保険は適用されない!

国内の一般的な海外旅行保険同様、すでに何らかの病状や症状がある状態、もしくはそれを治療している状態でWorld Nomadsの海外旅行保険に加入しても、その治療や診療、それらに関する費用は一切カバーされないということです。

これは保険に加入するにあたって当たり前のことになりますので、特に問題はないと思います。

これがまかり通ってしまえば、保険会社のビジネスは成り立たなくなります。

詳しくは以下のページを参照して下さい。

参考ページAm I covered if I have a pre-existing medical condition?

注意点③:72時間の猶予期間が必要!

もし、World Nomadsの海外旅行保険に出発後から加入した場合、海外旅行保険が完全に有効となるまでに72時間の猶予期間が必要となります。

ただし、深刻な急性のケガや病状などのアクシデントに見舞われた場合は、保険が発行された日からカバーされるとの事です。

詳しくは以下の内容をご参考ください。

Because we know all too well that the unexpected can happen, especially overseas, there’s cover for emergency overseas medical expenses and emergency transport expenses immediately (no need to wait until the 72 hours is up to be covered in other words) if you become seriously ill or injured as a result of an accident that happens after you buy your policy.

(引用元:ワールドノマド公式サイト

これはユーザーにとっては大変喜ばしい対応ですよね。

参考ページ:Are there any waiting periods?

注意点④:キャッシュレスには対応していない!

ワールドノマドの海外旅行保険は基本的にはキャッシュレスには対応していません。

病院や診療所に対する支払いについては、一旦自分自身で支払いを行い、そこからワールドノマドに対して請求を行う形となります。

ここは日本の大手保険会社が提供する海外旅行保険とは少し異なる点となりますので、ここは注意しておきましょう。

まとめ

以上が、World Nomads(ワールドノマド)の海外旅行保険の4つの注意点になります。

これらの注意点についてはしっかりと理解を深めた上でワールドノマドの海外旅行保険を購入するようにしておくといいでしょう。

それでは、よい旅を!!

World Nomadsで保険を購入する方はコチラをクリック