フランスのパリで観光旅行の途中、ウイルス性胃腸炎に…

【26歳女性、フランスのパリへ観光旅行に行った時の体験談】

私は、当時、友人と海外旅行をすることが趣味の一つで、空いた日にちには積極的にあちこちへ海外旅行をしていました。

その時は、フランスのパリに始めていくことになり、大みそかから正月明けまで一週間をパリで過ごすことにしました。

ツアーなどで申し込みをしたため、ガイドさんもついていますし、ホテルなども全てついています。

このため、安心して参加をすることができました。

ミュージカル鑑賞の後に腹痛が

1週間の滞在だったのですが、最初の4日間は、何事もなく安心して過ごすことができました。

問題はその後です。

私たちは、オプションツアーでの「ムーラーンルージュ」の鑑賞を行いました。

それは、ムーランルージュのミュージカルを食事をしながら見るというツアーであり、鴨肉のステーキなどの食事が出され、それを食べながら鑑賞しました。

そして、私たちはホテルに戻り、就寝しました。

しかし、夜中にものすごい腹痛に見舞われ、何度もトイレで下痢をすることになりました。

また、嘔吐も酷く、吐き気で寝ることができません。

このため、朝になってガイドさんを呼び、体調のことを訴えました。

ホテルの部屋に医師が来てくれて…

ガイドさんは、さっそく私のためにホテルの部屋まで医師を呼んでくれました。

すると、

ウイルス性の腸炎で日本人に耐性のないウイルスかもしれない、症状が強く出ているので、脱水の傾向がある

と言われました。

私は、水も飲めない状態で朝から歩くこともできません。

このため、そのままフランスの病院へ直行し、数日入院をすることになりました。

診断の結果は「ウイルス性胃腸炎」でした。

まずは、脱水症状となっているため、点滴をされ、その後注射などの治療を行いました。

また、その他の方に感染するといけないため、隔離されました。

1日入院するだけで、ずいぶん楽になりました。

ちなみに、友達の方はなんともなかったので、ツアーに通常通り参加をしていたようです。

クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用

あとは帰国日だけだったので、最後の一日が潰れてしまい、残念な思いでいっぱいになりました。

とても辛い旅になってしまい、悲しかったですが、入院の際にはクレジットカードに付帯されている海外旅行保険を利用することで、治療費が全額負担されて助かりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする