アイスランドで友人が突然のかゆみに襲われた女二人旅

【31歳の女性、アイスランドに観光で訪れた際の体験談】

私は31歳女性。

昨年、職場の同僚とアイスランドを観光目的で訪れました。

二人で夏休みを取得し、6泊7日の予定でした。

アイスランドは自然豊かで、海の幸が美味しいらしい!特にサーモンが格別らしいよ!と事前に情報収集をし、気分はウキウキでした。

旅行会社のプランで、海外の医療保険に入るかどうかと案内があったとき、相方は

「まだ若いんだし、大丈夫じゃない!?」

と入ることを躊躇していました。

何より友人は何度も海外に行っており、滞在先で病院にお世話になるようなことは今まで一度もなかったので自信があったようです。

私はとても慎重派。

万が一という事があるので心配でした。

数千円で安心が買えるならそのほうが旅行も楽しめる…という事で、一応入っておこうよと半ば強引に二人分保険に加入しました。

突然かゆみに襲われる

アイスランドには深夜につき、少し仮眠し朝食を済ませました。

その数時間後友人が「なんか痒い。」と言い出しました。

上腕の内側に突然かゆみが出現し、真っ赤にはれ上がっていました。

痒い場所はみるみる拡大し、上半身全体がボロボロとした発疹と腫れでいっぱいに…。

「アレルギーだ!!」

私はその症状をみて思いました。

とにかく病院へ行かないととタクシーに乗って病院へ。

片言の英語で症状を伝えました。

病院の支払いは保険でカバー

病院に着くころには口の中にも腫れが広がっており、医師から

「呼吸困難を起こす可能性もある。」

と言われました。

幸い、点滴をして、1日で病院からホテルに帰宅することができましたが、病院の支払いは日本円で20万以上ほどかかったと思います。

あとでお金は返ってきましたが、保険に入っていなかったら大出費になるところでした。

本当に万が一を考えて保険に加入しておいてよかったです。

命に別状なく無事に帰国

その後数日は友人は体調がすぐれず、ほとんど観光もできず終わった旅でした。

「最悪だったね…。」

と帰りの飛行機では笑い話でしたが、命に別状なく無事に帰宅できて良かったです。

やはり海外旅行の際は必ず保険に加入したほうがいいと思えた旅行でした。