【体験談】旅行先のタイで経験した気管支肺炎と入院生活

旅行先のタイで気管支肺炎で入院することに…

私が初めての海外での入院体験について紹介します。

5年以上前の話ですが、タイに友達と旅行へ行きました。

1週間以上旅行へ行ったのですが、日本は冬でタイは夏のような暑い気温だったため、その温暖差と疲れで2日目に風邪を引いてしまいました。

ですが、友達と一緒にいったので休みたくなくてしんどかったのですが、それでも無理して観光しました。

それがいけなかったのか、どんどん風邪はひどくなっていき、ついには咳が止まらなくなり、常に苦しい咳をしている状態に。

友達もさすがに心配して

「病院へ行った方が良い!!」

と言ってくれました。

病院での診察の結果は

気管支肺炎。

入院となってしまいました。

せっかく友達と旅行へ来ていたのに私だけ入院。

本当に最悪でした。

高かったタイの病院の費用

入院生活は3日ほどだったのであっという間でしたが、慣れない地での入院生活で私はタイ語も英語もほとんど出来ません。

ですが、大きな病院へ行ったおかげか日本語が出来る先生がいたので少し安心しました。

私は勝手にタイの病院はレベルが低いんだろうなと思っていましたが、まったくそんなことはなく、部屋も広くて綺麗だし、しっかりと仕事をしてくれたのでリラックスして入院する事が出来ました。

そして、一番驚いたのが入院費などの医療費の高さです。

10万円以上したと思います。

ですが、私は海外旅行保険に入っていたのでキャッシュレスですんだのですごく助かりました。

保険会社が立て替えて払ってくれるというものだったので、実質払ったお金はありません。

始めは病院にかかることなんてめったにないだろうと思って保険をかけていなかったのですが、友達から

「絶対に加入した方が良い!!」

と聞いて、出発ギリギリで保険に加入することにしました。

もし、保険に入っていなかったとしたら?

そう思うとゾッとする金額です。

本当に入っていて良かったなと思います。

今は子供もいるので行くなら家族旅行ですが、保険だけは絶対に入っておこうと思っています。

もし、海外旅行へ行くなら必ず海外旅行保険に入る事をオススメします。

World Nomadsで保険を購入する方はコチラをクリック